スナネズミ

平均寿命

10年くらい

標準体重

約60g

標準体長

13cm前後

特徴

げっ歯目ネズミ科に属し、人間には100年程前から実験用に飼養されてきました。原種は灰褐色で腹は白色ですが、白い身体に赤目のアルビノや黄色がかった褐色、灰色、黒、それらのツートンカラーなどの色変わりなどがあります。仲間では、尻尾に養分を蓄えることのできるファットテールジャービル(オブトアレチネズミ)などがいます。

飼育用具

  • ケージ

    ハムスターに準じますが、スナネズミの特徴として床材を飛び散らかすのが常ですし、跳びはねることもありますので、なるべく大きめのものを用意します。ケージ飼いの場合は、テーブルクロス用の厚めのビニールでケージの高さの3分の1くらいを巻きつけておけば周囲への散らかしを防げます。水槽はその点が楽であり、また、小さな隙間に尻尾を引っかけやすい傾向があるので、水槽のほうが適しているといわれます。なお、自然に爪が削れるように岩を入れておくと爪の伸びが防げます。
  • トイレ

    トイレは、しつけが難しいので不要です。

食事

  • 主食

    ハムスター用ペレットでよく、食事内容はハムスターに準じます。ただし、動物性食品の割合は少なめにします。

飼育のポイント

  • 非常に臆病で気絶しやすいので、大きな物音がすることのない静かな環境を考えることが大切です。
  • スナネズミは群居性で、なれた個体同士ではけんかもないので一つのケージや水槽等での複数飼いは可能ですが、オス・メス混合だとすぐに繁殖してしまいますのでよく考慮する必要があります。元々人間にはなつきにくい面がありますが、ふれあいを図るためには1頭飼いが適当です。
  • 臆病なので、驚かさないよう注意しながら食べ物を使って根気良く馴らすことがコツです。
  • 毎日、巣の中に貯めこんだ生ものや腐りそうなものは取り除き、汚れた巣材や床材も新しいものに取り替えます。週に1回は床材と巣材は全部新しくしましょう。少なくとも月に1回以上は飼養機材全部を洗剤で洗うか熱湯消毒をし、天日干しして清潔な環境を保ちましょう。
  • 水槽のフタを開けた途端にジャンプして跳び出す場合がありますので、開けるときは注意しましょう。
  • ストレスが原因でケージの金網を齧り、鼻や口を傷つけてしまうことがあります。広いケージに換えるか、癖になっているようなら水槽飼いにしましょう。

病気の種類

下痢・風邪・皮膚病・腫瘍など

共通感染症と予防方法

人と動物の共通感染症として腎症候性出血熱・レプトスピラ症・真菌症・エルニシア症・サルモネラ症・野兎病・ペストなどがあります。予防方法としてはケージや他の飼育用具をこまめに掃除しましょう。また、定期的にケージや飼育用具の水洗いと日光消毒を行いましょう。スナネズミとの過度の接触は避け、遊んだあとは手洗いを必ず行いましょう。