ヨークシャー・テリア

原産国

イギリス

標準体高

23cm前後

標準体重

2~3㎏

歴史

その名のとおり、原産はイギリスのヨークシャー地方。しかしその歴史は意外と短く、19世紀の中ごろ、ネズミ捕り用のテリアを作るために、その地方の織物工場の人々がスカイ・テリアやリーズ・テリアなど、いくつかの犬種をあわせてできたのが、現在のヨークシャー・テリアの原型といわれている。

そして1861年、ブロークン・ヘアード・スコッチ・テリアとして、初めてイギリスのドッグショーに姿を現した。そしてその後、さらに交配が重ねられ、 1870年ウエスト・モアランドショーのあと、リポーターであるアンガス・サザーランド氏が「この犬はもはや、スコッチ・テリアではない。改良を重ねられてできたこの犬は、ヨークシャー・テリアと呼ぶべきである」と述べたことから、ヨークシャー・テリアとして知られるようになる。

また奇跡的にできあがったその美しさは、やがて高貴な人々の目に留まるようになり、以来、今のような愛玩犬として親しまれるようになっている。

特徴

体高約20cmの小柄なボディに、メタリックに輝く被毛。つぶらな瞳。また、生まれたばかりのヨークシャー・テリアの被毛は黒だが、短毛の可愛らしい子犬時代を経て、その毛色は7回変わるといわれ、最終的に何色になるかは、プロでも予想が難しい。

性質

基本的には甘えん坊だが、いつも元気でイキイキとした表情が魅力。快活で明朗な性格で、機敏な動きにテリアの血統が生きている。小柄な犬ながら、自尊心が強く、勇敢で、人見知りもせず、ショーなどでも堂々とした立派な態度をとる。

食事

体が小さいので、食べる量も少ない。食事は1日3回にわけ、ドッグフード2回に、ふやかしたドライフード1回ぐらいがいい。口のまわりが汚れやすいので、食事中は毛を束ねてあげるようにする。また、歯の健康を守るために、口すすぎ用の水も一緒に与えるとよい。

グルーミング

抜け毛も少なく、実は意外と飼いやすい。ただしコミュニケーションの意味もこめて、1日1回はブラッシングしてあげたい。シャンプーは1カ月に1回が目安。毛が目に入ると良くないので、頭部の被毛は結んでおくようにする。

運動

このイヌの場合、無駄吠えは運動不足によるストレスが原因ということが多いので、たとえ抱きイヌでも、散歩は必要。特に生後10カ月くらいは、骨格を作る上での大切な時期なので、日光浴と運動のために、1日2時間ぐらい散歩に出たい。

アーモンド型でダークブラウン。
高い位置にあり、三角形の立ち耳。
丸く幅広い。
豊かな毛に覆われた、まっすぐな足。
約3分の1の長さで断尾されている。
被毛 非常に細長い直毛。絹糸状で光沢がある。