キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

原産国

イギリス

標準体高

30cm前後

標準体重

5~8㎏

歴史

17世紀のイギリス国王・チャールズ2世が、小型のスパニエルを溺愛したことから、小型のスパニエルは「キング・チャールズ・スパニエル」と呼ばれるようになり、貴族の間で人気を博した。

その後、パグやチン、ペキニーズなどとの交配が繰り返され、鼻が短く目が大きい風貌になったキング・チャールズ・スパニエルを元に戻すため、19世紀ごろに再び異種交配が盛んに行なわれた結果、キング・チャールズ・スパニエルに比べて体が大きく、鼻口部が長い現在のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが誕生した。

特徴

キング・チャールズ・スパニエルに比べて体が大きく、口が長いのが特徴。大きな垂れ耳と大きくて丸い目を持っている。

性質

「キャバリア」には、中世の「騎士」という意味があるが、勇猛そうな名前に似合わず、とても優しく、陽気で友好的な性格。すぐに人になつくので、番犬には向かない。

食事

ドライフード約150~200gが目安。

グルーミング

こまめなブラッシングが必要。垂れ耳の犬種だけに、耳穴の掃除も定期的に行い、清潔にしておくこと。

運動

長距離の散歩は必要ないが、自由運動や走りなどを取り入れると良い。

飾り毛のある長い垂れ耳。
長い口吻を持つ。
断尾する場合は3分の2を残す。
被毛 長毛で飾り毛が豊富。