ラグドール

原産国

アメリカ

毛種

長毛種

発生スタイル

人為的交配

歴史

ラグドールの歴史はまだ始まったばかりで、登場したのも1960年代の後半ぐらいからである。にもかかわらず、はっきりとした起源はわかっていない。

一説によると、白いペルシャとシールポイント(シャムの基本的な毛色で体色はクリーム色で末端は黒褐色)のバーマンとの間に生まれたネコを、濃い茶褐色のバーミーズと交配させるという、複雑な混血によって生まれたネコと考えられている。またほかにも、ヒマラヤン、アンゴラ・ホワイト、アメリカン・ショートヘアなどの血が混じっているという説もある。

アメリカでは1965年に、イギリスでは1983年に公認され、現在ではラグドール同士の交配だけが行なわれている。が、まだまだ研究段階で数は非常に少なく、中にはまだこのネコを認めていない団体も存在している。だが、人気のほうは非常に高まっており、ネコ好きの注目を集めている。

特徴

最も大型の家ネコで、成猫になるとペルシャ以上に大きくなり体重は10㎏ぐらいになる。ただ成長は遅く、体が完全に大きくなるまでには、約4年かかる。胴は長く体全体に引き締まった筋肉がついていて、足も骨格がしっかりしている。頭部は中くらいで目は大きな卵形で色は深いブルー。被毛は長く絹のように美しい。

性質

おとなしく従順で優しい性格。冷静で常に堂々と落ち着いている。鳴き声もとても穏やかなので、アパートやマンションなどで飼う場合にも適している。ただ、他のネコ以上に帰省本能が強いので、譲ったり譲られたりする場合は充分気を付け、できることなら同じ飼い主が一生飼い続けるほうがよい。

丸みがあり、大きさは中くらい。
卵形でちょっと吊り気味、色は深い青。
耳は中くらいで左右の間が平坦。
筋肉質で前足より、後ろ足が長め。
フサフサしていて、長さは胴と同じぐらい。