コラット

原産国

エチオピア

毛種

短毛種

発生スタイル

自然発生

歴史

タイのコラット高原からその名が付いたこのネコの歴史は非常に古く、何百年もの間、タイ王宮で飼育されていた。タイを代表するネコであり、国民の誇り。幸福と繁栄のシンボルとして、花嫁に贈られるネコとして大切にされてきた。

ヨーロッパに初めて紹介されたのは1896年、イギリスで開かれたキャットショーだった。しかし、このときは注目されず、実際に人気が出たのはアメリカに渡った1959年以降である。この頃から各地のキャットショーでコラットの姿が見られるようになり、愛好者も徐々に増えていった。

特徴

このネコの特徴は、なんといっても全身を包み込むシルバーブルーの毛並みの良さ。中型の力強い体つきで、頭部はハート型で小さい。目は丸く大きく表情豊かで、色はグリーンやゴールド。耳は大きく、先端に丸みがある。四肢は均整がとれており、前足は後ろ足よりやや短め。尾は体に対して中ぐらいの長さで、先細。被毛はきめ細かくシルバーブルーだ。

性質

おとなしく、人見知りをするので、初対面の人にさわられるのをいやがるが、飼い主に対してはよくなつき、とても忠実。ほかのネコともうまくやっていけるが、自分以外のネコが飼い主にかわいがられるとヤキモチを焼くので、その点は注意と理解が必要だ。

ハート型で小さい。
丸く大きく表情豊か。色はグリーンやゴールド。
大きく、先端に丸みがある。
均整がとれた長さで、前足は後ろ足よりやや短め。
中ぐらいで先細。