ヒマラヤン

原産国

イギリス、アメリカ

毛種

長毛種

発生スタイル

人為的交配

歴史

1920年代、スウェーデンの遺伝学者が、ペルシャの体型にシャムのポイントが入るかどうかという、学術的興味から異種交配したことが発生のきっかけ。その後、30年代から50年代にかけて、イギリスとアメリカのブリーダーによって、ほぼ同時期に別々に交配が繰り返され、固定されていった長毛種。

そのため、アメリカではヒマラヤンと呼ぶのが一般的だが、ヨーロッパではカラー・ポインテッド・ロングヘアと呼ばれることもある。

固定品種として認められ、チャンピオンシップの資格を取ったのは、イギリスでは55年、アメリカでは57年になってからだ。意外に歴史の新しいネコなのである。

特徴

体型や性格はペルシャそのままで、違いはポイントがある点と目の色がブルーであることだけ。とくに、深いはつらつとした青い目が特徴で、まれに先祖返りを起こして違う目の色が生まれてしまうと「ヒマラヤン」とは呼んでもらえないこともある。

性質

性格はおとなしく、おっとりとしている。鳴き声も優しく、発情期でもほとんど鳴かないため、飼い主が気づかないこともあるほど。

顔は丸くて広い、なだらかなドーム型。ふっくらとして、鼻筋は詰まってぺしゃんこ。横から見ると顔、鼻、あごの高さが同じでなければならない。
まん丸で大きく見開いている。色はブルー。
緩やかなカーブを描き、先端は丸みを帯びた小さな耳。ふさふさのタフトがある。
短く骨太。短くがっちりした胴と良く似合う。
短くがっちりした体つき。サイズは中型から大型の間。筋肉も発達してコロコロした感じ。
密度の高いふさふさとした長毛に覆われている。
被毛 密度の高いふさふさとした毛。柔らかで滑らかな手触り。ダブルコート。