エジプシャン・マウ

原産国

エジプト

毛種

短毛種

発生スタイル

自然発生

歴史

名前に付いている「マウ」とは、エジプト語で猫という意味で、その鳴き声からきているものといわれる。この猫の歴史は古く、エジプトの壁画にも似た猫が描かれ、骨格が似た猫のミイラも発見されている。

西洋の歴史に初めて登場したのは1953年のこと。イタリアに滞在していたロシア人の元王族が、エジプトからこの猫を手に入れ、イタリアの猫と交配させて、2匹の子猫を誕生させた。そしてその後、1957年にこの猫たちを連れてアメリカに渡ったのをきっかけに、アメリカの愛猫家たちの注目を集めることになる。

その後この猫は、特に人の手が加わることなく各国に広がり、アメリカだけでなく、世界的に愛されるようになった。

特徴

体型はアビシニアンに似て細身のスラッとした中型で、筋肉が非常に発達している。尻尾は細く長く先細り。頭部もバランスのとれた中型で、左右の間隔が少し広めにあいた大きな耳が立っている。目はアーモンド型で、色は淡いグリーン。

性質

かしこい猫だがおとなしく控えめで、人に構われるのがあまり好きではない。ただし、心を許した人にはとてもよくなつき、寄り添って寝たりもする。激しい動きをそれほどしないので、狭いところで飼ってもわりに大丈夫。

丸みを帯びたくさび形。
アーモンド型で淡いグリーン。
大きく左右の間が少し広い。
筋肉質で後ろ足が長め。
細く長く先細り。