ベンガル

原産国

アメリカ

毛種

セミロングの長毛種

発生スタイル

人為的交配

歴史

そのワイルドな斑点がポイントのベンガルは、ここ数年前から注目を集めている。

歴史的に見ると、小型野生ネコとイエネコの交配は18世紀から行なわれてきたようだが、このベンガルもアメリカのブリーダーによって作出されたネコ。1963年、遺伝学者ジャン・サクデンが、雄のイエネコとアジア産のヤマネコを掛け合わせ、斑点のあるイエネコの雌を1匹誕生させた。1981年には、もうひとりの遺伝学者、ウィラード・センターウォール博士と共に、さらに純血種としての改良を加え、種として固定した。現在その数は少しずつ増えているものの、まだまだ珍しい猫種である。

特徴

体を取り巻くスポットと呼ばれる斑点が特徴。ボディはやや長く、筋肉質のしなやかなライン。足も丈夫で木登りが得意。顔は豹を連想させるような野性的な顔立ちで、彫りが深く、鼻が長めでやや幅の広い丸顔をしている。。

性質

姿こそ野性的だが、人間との共存は得意で、人なつっこく人間の子供ともすぐ仲良くなれる。適応性に優れ、好奇心も旺盛。変わった性質としては、水を好み、中には人間と一緒にお風呂に入るものもいる。かわいいっ!

やや幅の広い丸顔。。
アーモンド型に近い楕円形。色はグリーン、ブルー。
頭部に対してやや小さい丸みのある耳で、低い位置に着く。
筋肉質でしっかりとしている。
体に対して中位の長さで、やや先が細い。