ウスユキバト

平均寿命

10~15年くらい

標準体重

不明

標準体長

19~20cm

特徴

ハトはハト目ハト科の鳥類で、約300種います。そのうちよく飼育されているのは、カワラバトから改良されたといわれているレースバトやクジャクバト、ジャヤコビンなどの品種でしょう。その他にジュズカケバト、ウスユキバトがよく飼育されています。ギンバトはジュズカケバトから改良された真っ白なハトであり、ウスユキバトも白色や淡色となった色変わりがいます。

ハトの仲間は種子や果実が主食で、大量に水を飲み、飼料が十分にあり、栄養状態がよければ通年繁殖できます。1回に2個の卵を産み、抱卵をはじめて18日で雛が孵ります。その雛を素嚢から分泌されるピジョンミルクという分泌物で育てるのがハトの仲間の特徴です。いったんつがいになると、どちらかが先に死んだりしない限り、ずっと連れ添います。

飼育用具

  • 鳥かご

    ウスユキバトやジュズカケバトは大型のかごで飼育、繁殖することができます。かごなどで飼育する場合、ウスユキバトでも保温は必要ありませんが、冬は風のあたらない暖かい場所、夏は直射日光のあたらない涼しい場所におきましょう。
  • 水飲み

    ハトは水浴びを好むので、水浴び用に大きな水入れを別に用意しましょう。

食事

  • 主食

    ウスユキバトやジュズカケバトは小型なので、ヒエ、アワ、キビ、それにカナリアシードなどを混合したインコ用の混合餌に少量の麻の実を混ぜるとよいでしょう。
  • 補助食

    ビタミン補給のため青菜を与えましょう。ミネラル補給のための塩土も欠かせません。

飼育のポイント

  • 繁殖をする場合は、何羽ぐらい生まれるかを確認した上で計画的に行いましょう。
  • ハト類は多量に水を飲むので、給水器などで水を切らさないようにすることが必要です。

病気の種類

肥満・卵塞・風邪・脚弱・カイセン症・そ嚢炎・カンジタ症・サーコウイルス感染症・オウム病

共通感染症と予防方法

人獣共通感染症としてオウム病・鳥インフルエンザ・ウエストナイル熱などがあります。予防方法としてはとりかごや飼育用具をこまめに掃除しましょう。定期的にとりかごや飼育用具の水洗いと日光消毒を行いましょう。口移しで餌を与えたり、餌を与えるスプーンなどの共用はやめましょう。また鳥と遊んだあとは、手洗いを必ず行いましょう。