文鳥

平均寿命

7~15年くらい

標準体重

22~27g

標準体長

14~15cm

特徴

文鳥は丈夫で飼いやすく、人にも良く馴れ、手乗り文鳥としても親しまれている飼鳥です。種類は白文鳥と桜文鳥が一般的で、少し気の荒いところがありますのでペアで飼う時は気をつけましょう。最近では色変わりのシナモンやシルバーなどがあります。

飼育用具

  • 鳥かご

    鑑賞用として飼う場合も巣引き(繁殖)を目的として飼う場合も、金網製角型の鳥かごを用意しましょう。幅35cm×奥行40cm×高さ45cm位が鳥かごの目安です。
  • えさ入れ、水入れ(鳥かごについているもの)

  • わら製のつぼ巣か文鳥用の木製巣箱(鳥かごの上のほうに取りつけてください)

  • つぼ巣かけ

  • ボレー入れ

  • 菜差し

  • 水浴び容器(文鳥は水浴が大変好きな清潔な鳥です)

食事

  • 配合飼料

    種類は皮付きとむきえさがあります。どちらを与えてもかまいませんが、小鳥は皮付きを好みます。(巣引きを行う場合は、皮付きを与えるようにしましょう)
  • ボレー粉

    ボレー入れに3分の1ほど入れ、1週間に1度古いボレー粉を捨てて、新しいものに換えてやりましょう。
  • 青菜類

    小松菜、レタス、キャベツ、ハコベなどを水で良く洗い、1週間に1回~2回ほど与えましょう。青菜類の中では、小松菜が良いとされています。

飼育のポイント

  • 毎日えさの殻を取り除き、新しいえさを加え、水を換えてやりましょう。
  • 鳥かごのそうじは毎日行い、いつも清潔な環境で飼いましょう。
  • 月に1度、鳥かごを熱湯消毒してダニや寄生虫の発生を防止しましょう。
  • 冬場以外は晴れた日の午前を見計らって水浴びをさせましょう。(水浴びの容器は、水入れと別に小判型の容器を用意しておきましょう)水浴びの後の日光浴も大切です。
  • 日が暮れたら静かな場所で休養させましょう。

上手な巣引きの知識

文鳥は生後6ヶ月で巣引きが可能です。真夏や真冬の時期を避けて巣引きの準備をしましょう。

  • オス、メスの見分け方

    オス……成長したオスは、メスに比べてくちばしが大きく、赤色が強く出ます。またジュクジュクとさえずり、止まり木の上でダンスします。
    メス……オスに比べ、くちばしが小さく、赤色が薄いのがメスです。
  • 巣引き

    オスとメスを新しいかごに入れる前に、別々のかごに入れて相性を確認しましょう。相性を確認して鳥を一つのかごに入れて、かごを静かなところ(文鳥はとても神経質な鳥ですから注意しましょう)に置き、馴れた頃から巣引きに入りましょう。毎年繁殖は可能ですので、譲り渡す方を事前に見つけておくなどして計画的に行うことを勧めます。
  • 巣作り

    文鳥のペアを入れて10日もすれば、新しいかごにも馴れてきます。この頃からボレー入れ3分の1の量の粟玉を毎日与え、発情を促します。同時に巣草を少しかごの中に入れてやします。
  • 産卵

    しばらくするとメスが巣にこもるようになります。この頃から、メスは毎日1個ずつ産卵を始め、5個~6個の卵を産みます。3個~4個生んだ頃から抱卵を始めますので、抱卵が始まったら粟玉を与えるのを中止します。
  • 抱卵

    抱卵期間は18日~21日ほどですが、昼間はオスとメスが交替で、夜間はオスとメスが一緒に行います。
  • 育雛

    ヒナがかえったら粟玉球とボレー粉、青菜を与えるようにしましょう。親が上手にえさを与えます。孵化後25日位で巣から顔を出せるようになり、巣立ちします。巣立ちして1ヶ月ほど親鳥と一緒のかごで飼い、自分でえさを食べるようになったら、別のかごに移してあげましょう。産まれて3ヶ月~5ヶ月後に親の羽に変わります。
    また、手乗りにする場合には、誕生後14~15日頃に巣から取り出してパウダーフード又は、ふやかした粟玉とボレー粉、青菜をすりつぶし人肌程度のお湯でといたものを一日に3回以上給餌してください。

病気の種類

肥満・卵塞・風邪・毛引き・皮膚真菌症・トリコモナス感染症など

共通感染症と予防方法

人獣共通感染症としてオウム病・鳥インフルエンザ・ウエストナイル熱などがあります。予防方法としてはとりかごや飼育用具をこまめに掃除しましょう。定期的にとりかごや飼育用具の水洗いと日光消毒を行いましょう。口移しで餌を与えたり、餌を与えるスプーンなどの共用はやめましょう。また鳥と遊んだあとは、手洗いを必ず行いましょう。。